pho@自習室

2014-03-30

Invention Analysis and Claiming:chapter 1

| 15:34

Part I 発明を特定する

Chaper 1から6まであるそうだ。

  • 発明のコンセプト
  • 実施例ベース vs 課題・解決アプローチ
  • 課題・解決アプローチの書き方
  • 請求項をできるだけ広く
  • 請求項を広すぎなくする
  • バックアッププラン

Chaper 1

発明というと発明品という具体的なものをイメージされがちだが、実際には抽象概念であって、特定の発明品に限定されるべきではないみたいなことがEmerson StringhamのDouble Patentingという本に書いてあるらしい。

Double patenting: Emerson Stringham: Amazon.com: Books

http://www.amazon.com/Double-patenting-Emerson-Stringham/dp/B00085WZLY/

では実際に発明を例にとって見てみましょうということでボールペンの特許が紹介されている。こうやって実際の特許を見てみるのは面白い。

Patent US392046 - op weym - Google Patents

http://www.google.com/patents/US392046

John Loudという人の1888年公開の発明。あまり使い物にならなかったらしく、実際に使われているのは1938年に考案されたものとのこと。

A pen comprising

a tube having a contracted mouth and adapted to hold ink,

a spheroidal marking point projecting from the mouth, and

an ink flow regulator that resiliently holds the marking point against the mouth.

これは著者が当時の明細書に基づいて作った架空のクレームらしい。このクレームで面白いのは、インクが入ってないところ。インクが入ってないボールペンもカバーされている。ちなみに現在のボールペンではink flow regulatorはなく、インク自体の粘性によって調整しているそうだ。

espacenetにボールペンの明細書が出ていたので見てみると、出願時の請求項1、2はこんな感じ。

  1. A pen having a spheroidal marking-point, substantially as described.
  2. A pen having a marking sphere capable of revolving in all directions, substantially as and for the purposes described.

未来の実施例を知らない状態で、それらをカバーするような請求項となっている。

課題から始めよ

その詳細というやつは、課題を解く上で本当に必須なのだろうかと考えることが大事。

課題:従来のペン(万年筆、羽根ペン)では木や皮のようなざらざらした表面では使えなかった。

解決:ボールのペン先

Technology marches on. New ways of doing things are invented every day.

だから余計なことは書くな。将来それなしで実現するなんてことは十分あり得るんだから。

chapter 1のレビュー

  • 発明のコンセプトをカバーしたクレームにすることはなぜ大切か。

請求項が発明のコンセプトをカバーしていなかったら、請求項を回避して実施することができてしまうから。

  • 実施に必要であろう制限をクレームに含めることの問題点は何か。

未来の実施例を予測することは難しく、それらの制限が将来的に不要になっている可能性があるため。

  • 抽象的な概念が請求項にふさわしくないという原則から、発明のコンセプトをどのように考えられるか。

http://en.wikipedia.org/wiki/Diamond_v._Diehr

http://en.wikipedia.org/wiki/State_Street_Bank_v._Signature_Financial_Group

この二つを参考に考えろとのこと。これから読んでみる。