Hatena::Groupstudyroom

memo+ubuntu

 | 

2011-07-30

Friioを導入した・あんまりできてない

02:50

思ってたより敷居が高いMacで動かない。

ドライバもどき入れてるんだけどB-CASを認識してくれない。


諦めてVirtualBox上のWindowsXPで動かそうとした。

で、メモ。


入んない…。まずVirtualBox上でUSBを強制認識させようとするもグレーになってて認識できない。


そもそもVirtualBox上でUSB2.0を扱うには拡張パックがいるらしい。

VirtualBoxのゲストOSの設定タブからUSB2.0を有効にする、というチェックを入れるとインストールしろといわれる。


入れた。

同じ設定のところから、+のアイコンがついているところをクリック、

該当のUSBデバイスをゲストOSに強制認識させる設定にする。


この場合

Generic PCSC Smart Card Reader [0102]

774 Friio USB 2.0 Degital TV Receiver [0102]


の2つ。

ただしここでもう一つポイントがある。

それぞれの項目上でダブルクリックし、

メーカー、製品名、シリアルNo.を消去する。


んでOK.こうしないとMacからUSBの主導権を奪えず、認識しないらしい。なぜかは不明。


でゲストOSであるXPを起動。

すると自動的に…いかない。

Macから該当デバイスを物理的に外した状態でゲストOSを起動。

起動後に刺す。


すると自動認識する!

ほいほいほいと認識させた。

ドライバインストールも簡単にいく。


さらにもう一個、これはDirect3Dの話になるのだけど、guestAdditionsをインストールする際にセーフモードでいれないとDirect3Dが有効化されず、いろいろ不具合がでるらしい。

のでもう一度アンインストール後、セーフモードでインストール


で、認識させると Friio Viewer も動くのだがアンテナ感度も問題ないのにビットレートが上がってこない&B-CASがGeneral Error。

サーバB-CAS使う設定にしてもビットレートがほぼゼロ。エラー吐きまくり。


Windows機で動かすとしょぼいなりにもビットレートは16Mbpsまで上がってくるので原因は不明。

VBoxが良くないのかも…でもPuppy Linux上のXPとかで動かしてる人はいるみたいなのでうまくやればうまくいくのかもしれない。


暫定的にWindows機で動かすことに。あんまりにもしょぼいので昔使ってたWin機の方がましかも。録画専用機として雇用するのアリかも。

 |